ほったらかし勝利のジャガイモ

画像

何回も書くまでもありませんが、
我が家の畑は低農薬、低肥料であります。
いわばホッタラカシであります。
ジャガイモはホッタラカシ栽培の中でも
なので畑ビギナーの私でも簡単に出来る農法です。
しかーし、今年面白いことが起きました。
この誰でも栽培できるジャガイモなのに、
近所の畑のジャガイモが丸坊主になっていました。
ウチの畑だけ満開に花が咲き、水不足にも関わらず葉っぱもピチピチ。
低農薬の私の畑の甘ーいトマトやトウモロコシなど
いつも鳥に襲われて、少し悲しい思いをしていたけれど、
低農薬の低肥料の我が家のジャガイモの葉っぱだけ、
今年はどうやら虫に食べられずに済んだのです??!!
勝手に分析すると、
1)4月暖かかったので、一昨年大発生したカナブンの成中化が早かったので、
 ジャガイモが狙われた。我が家は遅植えだったのでsafe?
2)彼らの通常好む苗が5月寒さで成長が充分でなかったので、
 美味しそうな栄養満点のジャガイモを狙った。
3)被害の酷い近所の畑には大量の堆肥&鶏糞や牛糞がすき込まれている。
4)まだ寒い時カナブンの幼虫を地中で沢山発見して大量発生を心配していたので、
 我が家では 天地返しと灰の鋤き込みをしておいた。
 反面↑3)の理由で、堆肥類の多い栄養満点畑のご近所では、
 ウチを上回る数のカナブンの幼虫を自然と飼育していたのではと想像。
我が家のジャガイモにも多少の葉の食害はありますが、
今のところ特に問題は発生していません。
梅雨前までにシッカリ太らせて収穫したいので、
ご近所を完食してもコッチに来ないで、もう少し待って下さいカナブンさん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント